2015年11月24日

栄光の70’s(69)

このところ風邪気味で体調がちょっと悪い。のどがガラガラして、夜中に咳き込んだりするのだ。熱が上がるわけでもなく、「良くもならないが悪くもならない」といった状況が1週間以上続いている。歳をとると、体温を上げてウィルスを退治する免疫力が落ちるせいか、ぐずぐずとしている状態だ。以前「風邪に効く薬はこの世にはない」と教えていただいたこともあり、風邪をひいてもここ何十年風邪をひいても医者に行ったことがない僕としては、しっかり食べて栄養補給をして、これ以上悪くならないようにするに限るかな。

医者のほとんどが、風邪をひいても薬は飲まないらしい。嘘かホントか知らないが(真実らしい)、咳止めは中枢神経関係のそれらしいし、解熱剤には必ず「発熱」の副作用があるらしい。ネルソンのなんとかという学術書(医者になるための教科書)に「風邪=There is no therapy」と明記されていると聞いたことがある。じゃあ、何でお医者さんは薬を出すのか?まあいろいろあるんだろうね・・・・。でも一番の理由は、患者が不安がるからだそうだ。
以前四男坊が1歳くらいの時のある夜、39度以上の発熱があり救急で病院へ連れて行った時の事。若い女医さんだったのだが、「解熱剤を使って下げてもいいでしょうか?」と尋ねてくれたのだ。「薬は使いたくないのですが」と答えると「私もできればその方がいいと思います。氷枕を使って下げてみましょうか。」とかえってきたのだ。薬の使用について聞かれたのも初めてなら、親の意向を取り入れてくれたのも初めてだった。結果は抱っこすること数時間、みごとに熱は下がったのだ。あの女医さんには今でも感謝している。

先週はあのエルトンジョンが来日していた。WOWOWで生中継していたのだが、うちは契約していなくて見ることができなかった。ちょっと残念だったが、今のエルトンはちょっと・・・という感もあり、そこまでショックではなかった。

久しぶりにレンタル屋さんでCDのコーナーを覗いてみた。DVDのコーナーは結構除くのだが、最近の音楽にあまり興味がないためにおきざりにしていたのだ。すると気になるCDが1枚。
「吉田拓郎ライブ2014」がそれ。レンタル専用のCDらしい。早速レンタルすることにした。僕はこのてのライブを借りる時には、コンテンツを確認しないことにしている。それはライブに行く時と同じワクワク感がほしいからなのだ。
オープニングは「人生を語らず」で、しかもアレンジがオリジナルに近いもので、始まった瞬間ジ〜ンときてしまった。バンドアレンジの「今日までそして明日から」、これまたオリジナルに近い「落陽」(これまたイントロでガツン!)とたてつづけに名曲が流れる。そして4曲目に僕にとって非常に思い出深い「爪」が・・・・。突然「わしらのフォーク村」が始まったときは嬉しくて、大声で歌ってしまった(車の中で良かったあ〜)。唯一の弾き語り「こうき心」もやっぱりすばらしく、ラストの「純情」も亡き加藤和彦氏を偲びながら聴かせてもらい、ちょっぴりウルウルもさせていただいた。

何歳になっても拓郎様は本当に褪せない(さすがにキーは下がったかな?)。
「吉田拓郎ライブ2014」。これから寒くなる夜に、心から温まる一枚のアルバムである。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2015年11月15日

いいいちこの日

みなさま、こんばんは☆
お久しぶりの37号です♪

37号と言えば「いちこ」担当なのですが、
気が付けば約2か月ぶりとなってしまいました。
すみませんあせあせ(飛び散る汗)



いちこは…




安心してください、元気ですよ(笑)




本日11月15日は「いいいちこの日」ということで、
さっそくいきますよ!
いちこ1115-1.jpg

花が咲く気配はまったくありませんが、すくすく育っておりますぴかぴか(新しい)

もう一枚
いちこ1115-2.jpg
秋空といちこです。


月1くらいで更新したいと思います。
では、また手(パー)
web拍手 by FC2 posted by en-book at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の縁芸・いちこ編

2015年11月13日

神楽縁人の、そもそも神楽って? そのなな

ハーイ!19号です!
最近は神楽縁人でなくて風邪引き縁人になっています(ノД`)

今回は引き続き東北が岩手、権現様を中心に。
前回は権現様萌え!というお話でしたが、その萌えな権現様は獅子舞と何が違うのか、というお話。

だらだら続いておりますが、多分あと二回でおさめる…予定…

ただ、獅子舞の方はまだしっかり調べたわけでないのでサラっといきます!

まずはじめに、「獅子」の出る神楽の性格を見てみましょう。
獅子が出るときに特徴的なのは、だいたい先導役が出てくること。
先導役で多いのは、天孫降臨の時に天孫を迎えた神「猿田彦」。
天狗面で道化のような動きで獅子を連れて歩くことが多いです。
ちなみに鳥取の麒麟獅子もそういう感じだそうです。(`・ω・´)
獅子ではないですが、宮城県が気仙沼の浪板虎舞も先導が出てきていたので、もしかしたらルーツは獅子舞にあるのではないかなと思ったりして。妄想が膨らみます(*`・ω・´*)
先導役が出なくても、胴体の幕を持ったりするために誰かしら出てきます。

二つ目は…歯がみの所作と言いたいけれど自信がないので…人と関わりを持とうとする、にいたしましょうか。たくさん見ているわけではないので絶対とは言えんのですが(+_+)
普通の神楽は、だいたい「舞庭(まいど)」の中で勝手にくるくる舞っているのを、好き勝手に眺めるスタイル。
地元のお祭りとかだと、やっている方と見ている方がペチャクチャ話したり、石見では子供どもが狐とか鬼にさらわれたりすることもありますが。
獅子は人が大好きなのでしょう。
頭をフリフリ、獅子の方から人のところへ来てくれるのです。うーん個人的には大型犬みたいなイメージ。

ところで、権現様は東北の山伏神楽の一演目として最後に出てくることが一般的。獅子舞は伊勢大神楽という系統にあたり、大道芸みたいな見せ物?の一場面として出てきます。あ、伊勢では年に一度、獅子舞大集合みたいな日があるらしいです。見てみたいな(*`・ω・´*)
実はそれだけでなくて、村を渡り歩いて家々で祈祷する「まわり神楽」という特徴があります。
今では権現様が「まわり神楽」をすることはほとんどなくなってしまったようですが、伊勢大神楽はいまだにまわり歩いているようです。一度仕事中に見かけたことがあるので、鳥取や島根でもまわっているのではないでしょうか。

じゃあ一緒じゃん!ですって?ちゃうちゃう。チャウチャウ。違います!

まずは、ちょいとわかりにくいですが、獅子を持っている人をよーく見てみてください。
FB_IMG_1447475805054.jpgあああ権現様かわいいいい
権現様は黒い小顔美人ですので、基本的に手で捧げ持ちます。たいして獅子舞は、赤いチャーミングなお顔ですが、すっぽりかぶってしまいます。

権現様をやっている方がしんどそう…(ノД`)
ただ、歯がみをしたり顎の可動性は権現様の方があるのかもしれません。綱引きみたいなこともしていました。

あとは、権現様は猿田彦が先導役に出てくることはないのです。
出てきたとしても、面をかけない舞人や宮司さん。萌えはあってもお笑い要素はありません。
なんでなのでしょうね〜権現様の行くところは権現様が決める!って感じなのでしょうか。

あと決定的な違いは、もととなる宗教者。
山伏神楽は密教系の山伏・修験…ということは、メイドイン熊野。
獅子舞は伊勢大神楽なので伊勢の御師など…ということは、メイドイン伊勢。
今より神様仏様の境界が曖昧だったのではありますが、ビミョーに宗教者が違うんですなあ。あと時代もかな。山伏神楽の方が古いのではないでしょうか。
でも、似ているところが多いのも、熊野・伊勢で生まれたから。
獅子は大陸から都にもたらされた伎楽面からきていますが、都の皆さまが熊野・伊勢はよく行く土地だったので、獅子の舞が生まれたのではないでしょうか。

これだけズラズラお話していましたらもうおわかりかと思いますが「獅子舞」ときいて皆さまがパッとイメージするのは、実は伊勢大神楽なのです。
権現様と違ってなぜこれだけポピュラーになったのでしょう。
これはわたくしの想像ですが、伊勢の御師の方が時代が後なのと、行動範囲の広さだと思います。

東北の神楽は蝦夷征伐の時の従軍僧がつたえた、というのは前回のお話。
はじまりはそんな感じですが、実は「まわり神楽」が行われ神楽が盛んになった背景は、飢饉や疫病。すでに土地住み着いていた山伏・修験たちが民衆の求めだけでなくて、自分たちの食料を得るためでもありました。
伊勢大神楽の方はといいますと、伊勢神宮が廃れたときに御師たちが布教と札を買ってもらうためにはじめたことと聞きます。たしか江戸時代の伊勢参りブームも御師たちが伊勢神宮復興のために全国を行脚したから。その時の布教ツールの一つであったのではないでしょうか(^O^)

あら、また長くなっちゃった!
他にも細かく見ていくとあれもこれもなのですが、今回はここまでにしましょうか。

では皆さま良い週末を!\(^O^)/*


web拍手 by FC2 posted by en-book at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 縁人19号の神楽談義

2015年11月11日

栄光の70’s(68)

今朝は若干寒い朝だった。それにしても暖かい日が続く。
何だかんだいってももう11月も半ば、朝は霜で真っ白だったり、へたすると雪がぱらついたりしてもおかしくないのだ。僕が小学生だった頃は、ハデに干してある稲に雪が積もっていたこともあった(マジです)。エルニーニョで、今年は「暖冬で大雪」などと訳のわからんことを気象予報士の方々は言っているが、どうなることやらね。

さて、先週末は四男坊の大学が出場する中国総合選手権が鳥取で開催されたため2日間行ってきた(両日とも日帰りで)。奇しくも準決勝の対戦は、島根県大会で長男以下三人の息子たちなどで作っているチームが、準決勝で敗れた相手となった。試合の結果は惜しくも敗戦で、兄貴たちのチームのリベンジはならなかった。まあ彼らにとっては今月末東京であるインカレが本番なので、怪我もなく終わって良かったのではないかと思う。

最近ラグビー(特に五郎丸さん)のメディア露出度が以上に増えて、にわかラグビーファンが増えてきている。結構なことだ。もともと、70年当時はサッカーよりラグビーのほうが人気は高かったように思うし、テレビでも色々な大会を放送していたはずである。松尾雄治はスーパースターとして君臨していたし、高校・大学・社会人の重要な大会は各局(特にNHK)ほぼ網羅していたように思う。それが徐々に減り、Jリーグの登場でサッカー熱が上昇、今では国民的スポーツとされていた野球さえ凌ぐ人気スポーツとなっている。どの競技がどうのこうのはないが、僕的にはどう見てもサッカーよりラグビーのほうが数段面白いと思う。この人気が一時的なものではなく続いてくれて、花園の全国大会の中継が決勝戦だけでなく前のようにハイライトでもいいから放映されることを期待したいなあ。

また、バスケットボールなんかももうちょっとメディアは取り上げてくれてもいいと思うのだが、やっぱり世界で勝てないとだめなのかなあ。
これほど面白いスポーツはないと思うのだが・・・・。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2015年11月07日

美味しいものたち。

おひさしぶりの26号です。
さて、縁人イラストにもあるように26号はお肉大好きです。

先日、松江市内のステーキハウスでおいしいお肉を食べてきたので写真のおすそ分けです。

29.JPG
サーロイン200g(^﹃^ )

このままでももちろん美味ですが、ミネラル塩やソースなどかけていただくと一層Good☆






程よくお腹を満たしてから次はデザート♪

9ri.JPG

このワッフル、見た目よし味よしでご満悦なうえに、半額フェアだったので250円です(゜o゜)


お腹も心も満たされた26号でした〜(^^)
web拍手 by FC2 posted by en-book at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき26