2019年05月10日

対馬の旅リポートその3「対馬は神社の島」

対馬は古い神社が多い。神社庁に登録されている神社130社、うち式内社が29社あるそうです。九州全体の式内社は98社で、2位の壱岐が24社なので二島で九州全体の半分以上を占めています。
まずは和多都美神社からご紹介します。

和多都美神社

島の中央部浅茅湾北部に位置する。わたつみ神社と読みます。主神は海神の娘豊玉姫で、青木繁の「わだつみのいろこの宮」の題材となりました。説明には古代の海人族の存在、海幸彦と山幸彦の伝承、竜宮伝説について書かれています。海の中に鳥居が2本立っており、そのまままっすぐ参道が続いて海に向かって本殿があります。満潮時には社殿近くにまで海面が上昇するそうで、確かに地面がじめじめしています。浜辺に近い参道付近には、三柱鳥居で護られた海神伝説のシンボル磯良恵比寿(いそらえびす)の磐座(いわくら)も見ることができます。

なお、ここはバスツアールートになっているので韓国人が特に多いようで盛んに写真を撮ったり大声でしゃべりあったりしています。


IMG_4426.JPG IMG_4413.JPG

IMG_4417.JPG IMG_4419.JPG

IMG_4420.JPG IMG_4422.JPG


web拍手 by FC2 posted by en-book at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 縁人のひとりごと