2016年04月14日

西方見聞録N スペイン広場の夕べ

ガイドブックに記載されてある教会は、可能な限り行こうと決めていたので、とにかくローマでは移動が多くなりました。
IMG_2235.JPG

IMG_2225.JPG

時にはタクシーも使いました。
イタリアのタクシーには、タクシー・ライセンス番号が車体に記載されています。
IMG_2192.JPG
IMG_2193.JPG
これらは正規タクシーの証ですので、番号があるタクシーでは基本的に法外な金額を請求される心配はありません。
この数字を運転手に聞こえるように読み上げ、乗車するのが悪質な被害にあわない方法です。数字をひかえられたら悪さはできないな、という具合ですね。

さて、街中を歩き回るとお腹が空いてきます。
後ほどパリで欲求が爆発するのですが、このあたりから日本食、特にラーメンが食べたくなってきた私は、ローマの日本食レストランにも注目していました。
歩いていると、あるではありませんか。
IMG_2234.JPG
その名も「六本本」。
ロッポッポン。
スッポッポンではありませんよ。
おそらく「六本木」としたいのでしょうが、何とも愛嬌のあるところ。
行きませんでした!

また、近くの日本食屋には「死にレモン」という謎めいたメニューがあるとガイドさんから聞いていたのですが、これ以上怪しい語呂はありません。死んだレモンなのか、食べたら死ぬレモンなのか…誤りの原型すら分からない始末です。
まだ健康でいたいのでそれ以上の詮索は止めました。

本当に一日中歩いたため、妻の靴がダメになり、急遽ローマで靴を買うことに。
タイミングよく(?)自分達がいたのは、あの「ローマの休日」で有名なスペイン広場・階段(Scalinata di Trinità dei Monti/スカリナータ・ディ・トリニタ・デイ・モンティ)でした。
1.jpg
現在では、映画のように階段でジェラートを食べることは文化遺産の保護のため禁止されていてできません。
広場の前は、正にローマの中心街といえる場所で、ショッピングゾーンとなっています。
手の届かない高級ブランド店が軒を連ねるコンドッティ通り(Via Condotti)では、買える靴があるはずもなく、少し外れた通りまでこれまた歩き、ようやく手ごろな運動靴を買うことができました。
気付けば、日も沈みかけています。
IMG_2037.JPG
大勢の観光客、地元の人々でごった返す人混みをよけ、階段を一番上まで上がって振り返り遠くを眺めると、遠くにサン・ピエトロ大聖堂のクーポラが見えます。ローマはなんて素敵な街なんだろうと心から感動しました。
たくさんの想い出がローマでもできました。できればもう一度戻ってきたいものです。
あの「トレヴィの水槽」で願いがかなえば…

長かったイタリア編も、これにておしまい。
次回は、いよいよあの国!?行って来ました。会えました。つづく。(縁人18号)




web拍手 by FC2 posted by en-book at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 縁人18号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174905522

この記事へのトラックバック