2016年05月17日

栄光の70’s(78)

早5月も半ば過ぎ、2ヶ月ぶりくらいの登場です。
この所、例年にない公私にわたっての慌しさに釜掛けて怠けておりました。月曜日は週初めで会議やら振替の連休やらあって、なかなか大変なので、これからは気の向くままに書き込もうと思う。
さて、季節も良い頃で、あらゆるスポーツが毎日目白押しである。プロ野球に相撲にテニスにetc.

何といっても今は、バレーボールオリンピック最終予選かな。なんでも今は男子の方の人気がうなぎ上りで、全会場チケットが売り切れ状態だとか。若くていきのいい選手が活躍していることもあるが、勝てば官軍ということなのだろう。
僕はあいかわらず女子の応援。こんなことを言うと、最近ではすぐに「セクハラ発言」などとやられてしまうのだが、ここんところの日本女子チームにはわりと可愛い娘が増えている気がする。髪の毛もこざっぱりとしたショートカットですっきりしていてカッコイイ(僕は日本人のくせに長い黒髪が嫌いなのだ。茶髪ならなお良い)!
そして、これまた相変わらずイチオシで応援は#16迫田さおりちゃん。ルックスもさることながら、あの跳躍力とスピードは魅力満載で、世界の壁に向かって打ち抜くバックアタックは見る者を魅了する。
と、僕は思うのだが、いかがなものだろうか。少ない出番だが、オジサンは期待して待っているよ。
余談だが、セッターとして急成長の宮下遥ちゃんだが、僕が子供の頃から知っていて、現在東芝ブレイブサンダースで活躍する#0藤井佑真(特に学生の頃)にちょっと似ていてちょっとおかしい。

さてさて、今日の70’sは久保田早紀の「異邦人」。
70年代も幕を閉じようとしていた1979年10月リリース。CMソングで使用され徐々に売り上げを伸ばしていった。初めて耳にした時には、サビの部分だけだったのでピンとこなかったのだが、全曲聴いたときに「ゾク」っとくるものがあった。何とも言えぬ雰囲気のメロディーに超僕好みのボーカル。
当時のチャート番組「ザ・ベストテン」に出演するや、またたくまにその曲はNo.1に躍り出ることになる。その要因の一つに彼女の容姿も絡んでいたことは言うまでもないが、ピアノの前に座り歌う彼女の美しい横顔とエキゾチックな楽曲に小生も完全ノックアウトされたことはいうまでもない。

この後も数々のシングル・アルバムを発表した彼女であるが、ヒットということになると、これくらいだったのだが、そのどの曲もいい感じの曲で(何と言ってもボーカルが素晴らしい)、疲れがたまったときに聴くとホッとできるのだ。しかし、80年代半ば頃、結婚とともに音楽界を引退された。
現在は本名(結婚後)の久米小百合さんという名前で、教会音楽家としてご活躍中らしい。

彼女の曲もまた、僕が社会人としてのスタート地点であり、天国に行ってしまった彼女との思い出が詰まった曲でもあるのだ。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175332969
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック