2016年07月12日

栄光の70’s(80)

梅雨は明けていなかった・・・。今日も曇り空で、朝からムシムシでいやになってくる。
僕たちは日々の生活に追われているが、巷の子供たちはもうすぐやってくる夏休みに胸おどらされているんだろうな。まもなくスタンプカードをぶらさげた子供たちと朝すれちがう季節がやってくる。

さて、先週の続き。あの頃松江市内に「大劇横丁」とよばれた一角があり、飲み屋さん・パチ屋・ポルノ専門の映画館などが密集していた。特にパチ屋は「サンヨー」「ニューナショナル」「ばらホール」「名人荘」、はずれたところに「ナショナル会館」と、小さめのホールが隣同士で営業していた。それプラス先週話していたジャンキュウ屋さん(本当はスマートボール屋さん)ともう一軒アレンジボール屋さん(店の名前わすれた)があったと記憶している。

たまに行くジャンキュウで楽しんでいたのだが、いつだったか話していた浪人時代の友達の中に「山ちゃん」というやつがいて、彼こそ僕が最初に出会ったセミプロ級のパチンカーであった。もちろん同学年の同い年であるが、「サンヨー」主にネグラとし、すでにホール内でもいっぱしのパチプロのオーラをはなっていた。彼の日課は9時に下宿屋を出発、予備校にはいかずホール前に並ぶ。そして10時の開店と同時に狙いを定めたパチ台の釘をチェックする・・・・とまあこんな具合で、午前中に一台打ち止めさせてから、午後の予備校にちょこっと顔をだすといったものだった。
彼の得意としていたのは「アレンジボール」というやつで、雀球みたいなものだった。しかし、彼の勝ち方はチョコレート・たばこ専門のセコイ僕とは違い、打ち止めまで持っていき、3,000円〜4,000円也の現金収入となるものであった。「え〜たったそれだけ?」と思うかもしれないが、今から40年も前の話である。しかももとでは100円から200円程度(つぎこんでも1,000円まで)なので、いいバイトになっていたのだ。

ある日、その一角からちょっと離れたところにあった「カタクラ」(ボーリング場・ビリヤード・レストランなどもいっしょになっていた)が新装開店する情報が入ってきた。当時の新装開店は今どきの2〜3台新台入れて釘も開けずにやるようなもとは違い、ホールのほとんどのパチ台が新しいものになり、釘もパカッと開き僕たちを迎えてくれたのだ。特にカタクラはよく出すという情報で、山ちゃんと僕は夕方開店(5時だったか6時だったか・・・?)をめざしてならぶことにした。それもなんと昼からである。まあ勉強もせず、こんなことばっかりやっていたんだから、失敗するはずだよね。
その甲斐あって、3日間通い続け、連日打ち止めまでもって行った(特に初日は打ち止め一番乗りだった)。
もちろん山ちゃんも連日連勝でめでたしめでたしと相成った。

実はこの時生まれて初めてパチンコで打ち止めまでもっていけたのです。
山ちゃんのおかげ!

(さらにつづく)
web拍手 by FC2 posted by en-book at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2016年07月06日

栄光の70’s(79)

梅雨が明けたようだ。しかし2〜3日後からまた曇りや雨マークがついているが、これは台風1号の影響かな?
不思議なもので、朝晩の音が違う。自然の生き物たちの方が一番わかっているのか、夏本番の到来をおしえてくれる。夏休みを楽しみにしていたこの時期、あの頃が懐かしく思えてくる。間もなく、スタンプカードをぶらさげた小学生と朝すれ違う季節となるのか・・・・一年なんて早いものだ。

我が家の長男はエアコンの時期になって、忙しい日々を送っている。人間不思議なもので、暑くならないとエアコンをどうのこうのとならないらしい。長男曰く「シーズンオフの時に買って設置すれば、もっと安くてすむのに」とのこと。当然といえば当然である。

さて、本日はアミューズメント・・・そう「パチンコ屋さん」。
僕が独身の頃はエアコンなど部屋になく、暑い夏など「涼」を求めるところといえば、ばっちりとクーラーのきいたパチ屋さんということになっていた(当時はエアコンではなくクーラーといっていたよねえ)。
僕が最初にパチ屋に入店したのは浪人時代の1977年春。当時はアミューズメントなんてカッコイイ言葉はなく店内に入ると、強面のお兄ちゃんやおっさんの定員がいて、お客よりいばっていた。まあいわゆる、客商売じゃあなくて、やくざなばくち場っていうところかな。当然カウンターに可愛い女の子なんかいるわけもなく、くたびれたおばちゃんがすわっていた。

パチンコ台といえば、フィーバーなんてものはあるわけもなく、手打ちと電動ハンドル(現在の形)が半々で設置されていた。サンドウィッチなんてなくて、玉を借りるのは「補給機」が別にあって、そこでお金を払って借りるシステムだった(ここでひとつ、パチンコは玉を買うんじゃなくて、借りた玉で遊技をして、出た玉を店に買ってもらう仕組みということはご存じでしたか?)。

中学生の頃ゲームコーナーにあった手打ちのパチンコは何回かしたことがあったので、その感覚でやってみたのだが、まったくうまくいかなかった。ましてや、初の電動ハンドルの機械なんて、あっという間に玉が亡くなってしまう気がして(出ることは考えていなかった)、怖くて手が出せない。

そんな時出会ったのが「ジャンキュウ」というアレンジボール。どう説明していいのかわからないが、1回16個の玉をはじいて、麻雀のメンツかなんかが揃うとコインが出てくる仕組みで、そのコインを景品と交換する形になっていた。当然、何個かのポイントとなる個所の釘はしめられて入りにくくされていて、そこをクリアして役を揃えていくゲームで、当時の僕にはピッタリであった。しかし、勝ってもせいぜいチョコレートかタバコ何個かていどのもので、今のように大金をつぎ込むものではなかった。

その程度の遊び方しかしていなかったのだが、一人の予備校生と保険屋外交のおばちゃんとバイト先の一個上のお兄ちゃんとの出会いが、その後の僕に変化をもたらすことになる(大袈裟だが、結構おもろいので今後に期待して!)。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2016年05月17日

栄光の70’s(78)

早5月も半ば過ぎ、2ヶ月ぶりくらいの登場です。
この所、例年にない公私にわたっての慌しさに釜掛けて怠けておりました。月曜日は週初めで会議やら振替の連休やらあって、なかなか大変なので、これからは気の向くままに書き込もうと思う。
さて、季節も良い頃で、あらゆるスポーツが毎日目白押しである。プロ野球に相撲にテニスにetc.

何といっても今は、バレーボールオリンピック最終予選かな。なんでも今は男子の方の人気がうなぎ上りで、全会場チケットが売り切れ状態だとか。若くていきのいい選手が活躍していることもあるが、勝てば官軍ということなのだろう。
僕はあいかわらず女子の応援。こんなことを言うと、最近ではすぐに「セクハラ発言」などとやられてしまうのだが、ここんところの日本女子チームにはわりと可愛い娘が増えている気がする。髪の毛もこざっぱりとしたショートカットですっきりしていてカッコイイ(僕は日本人のくせに長い黒髪が嫌いなのだ。茶髪ならなお良い)!
そして、これまた相変わらずイチオシで応援は#16迫田さおりちゃん。ルックスもさることながら、あの跳躍力とスピードは魅力満載で、世界の壁に向かって打ち抜くバックアタックは見る者を魅了する。
と、僕は思うのだが、いかがなものだろうか。少ない出番だが、オジサンは期待して待っているよ。
余談だが、セッターとして急成長の宮下遥ちゃんだが、僕が子供の頃から知っていて、現在東芝ブレイブサンダースで活躍する#0藤井佑真(特に学生の頃)にちょっと似ていてちょっとおかしい。

さてさて、今日の70’sは久保田早紀の「異邦人」。
70年代も幕を閉じようとしていた1979年10月リリース。CMソングで使用され徐々に売り上げを伸ばしていった。初めて耳にした時には、サビの部分だけだったのでピンとこなかったのだが、全曲聴いたときに「ゾク」っとくるものがあった。何とも言えぬ雰囲気のメロディーに超僕好みのボーカル。
当時のチャート番組「ザ・ベストテン」に出演するや、またたくまにその曲はNo.1に躍り出ることになる。その要因の一つに彼女の容姿も絡んでいたことは言うまでもないが、ピアノの前に座り歌う彼女の美しい横顔とエキゾチックな楽曲に小生も完全ノックアウトされたことはいうまでもない。

この後も数々のシングル・アルバムを発表した彼女であるが、ヒットということになると、これくらいだったのだが、そのどの曲もいい感じの曲で(何と言ってもボーカルが素晴らしい)、疲れがたまったときに聴くとホッとできるのだ。しかし、80年代半ば頃、結婚とともに音楽界を引退された。
現在は本名(結婚後)の久米小百合さんという名前で、教会音楽家としてご活躍中らしい。

彼女の曲もまた、僕が社会人としてのスタート地点であり、天国に行ってしまった彼女との思い出が詰まった曲でもあるのだ。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2016年03月29日

栄光の70’s(77)

春が来た。
とはいえ、ここのところけっこう寒い日が続いた。
昨日なんかも、昼はとても暖かったが、朝晩は冬のような冷え込みだ。春爛漫はもう少し先かな?
さてさて、とうとう77回目。ちょっと怠け気味で70回あたりから進まなくなっていたなあ。記念的掲載なので「景気のいい話を」と考えていたのだが、ちょっとシミジミとしたお話し。

松江市内にある某大学のすぐそばにある某中華料理屋さん。結構前からあるこの店には、僕が就職をして独身生活をしているころ随分とお世話になったのである。
今からおよそ40年近く前そのお店は、大まかそうな親父(とはいえ当時20代)と気のいい明るい奥様の二人でやっていて、学生を中心に繁盛していた。学生メインのお店だったのか、どのメニューも値段のわりには量が多く、食べ盛りのわれわれは大助かりだったのだ。初月給が入ったときは、大学へ通う友人とここで酒盛り(勿論僕のおごり)をしたことを今でもはっきりと覚えている。

何度かの引っ越しでこのお店の近くのアパート(友人2人と同居)に住んでいた頃、友人のたまり場になったこのアパートでは夜な夜な麻雀大会がくりひろげられていた。当時はまだコンビニなどという超便利なシロモノはなく、深夜になると若者の空腹を満たすべく食物を調達するのは困難であった。しかし、この店はなんと深夜2時まで営業していたのである(あの頃松江のど田舎で、こんな時間まで営業していた飲食店は飲み屋以外)は他になかったと思う)。
当然の如くそこへ食べに行けばいいのだが、なんせゲームは進行中。思いついたのが「お持ち帰り」であった。当時はお店のメニューをお持ち帰りなんてシステムはなく、僕が交渉に行くことになった。
深夜0時過ぎにお店に行くと店内はいつものように学生や飲んだ後仕上げのサラリーマンで大盛況。ちょっと無理そうだったが、そこは親しい間柄(?)、チャーハン6人前を注文すると、親父が一言「作っちょいちゃあけん、炊飯ジャーの釜もってこい」とかえってきた。
しばらくして釜にタップリと入った長大盛りチャーハンが出来上がっていた。店内大爆笑であった。
これに味をしめた我々は「別のメニューを」ともくろんだが、見事に断られた。

この夫婦には男の子と女の子(この子が可愛かった!)二人の子供がいて、よく店内をうろうろしていたため僕たちも結構可愛がっていて、一回だけだけど誕生日に靴かなんかプレゼントしたことがあった(二人ともよく店のお手伝いをしていたなあ)。女の子の方は結婚するまでお店の看板娘として頑張っていたが、現在は旦那さんと二人で八束町でラーメン店(中華料理屋?)をやっている。相変わらず元気のいい「いらっしゃい!」でお客さんを迎えていることだろう。かなり前から気なっている店だったが、娘がやっていることはつい最近人からきいてビックリした(近いうちに行ってみようかな)。

さて先日、「営業中」の札がぶら下がっていたので、何年振りかにこの某中華料理屋の階段を上がった。
目に入った光景は目を疑うものだった。入り口付近の座敷に無造作に積み上げられた雑誌、テーブルの上に散らかされた雑誌、「店はもう閉じたのか?」と思った瞬間「いらっしゃい」の声。見るとオヤジになった長男が一人いた。迷いながらもテーブルにつきメニューを見る。それには前のまんまの懐かしいメニューがならんでいるのだが・・・・。
「久しぶりだねえ」と、言葉をかわす気力もなく、ラーメン一杯いただいた。ちょっとぬるかったが、その店伝統(?)の味に近いものだった。帰りぎわに「親父さん元気?」と尋ねると「一昨年亡くなりました」と、衝撃の答えが返ってきた。まだ64歳、すい臓がんだったらしい(親父の奥さんはかなり前から体を壊して数年前に若くしてこの世を去っている)。あの親父が作る痺れる(化学調味料で?笑)ような野菜炒めの味と、「また野菜炒め定食か!?」の声はも聞けない。

階段を下りる前に店内を見回す。すると、親父と奥さんの声がし、賑わう店内を二人の子供がバタバタしていたあの頃の光景がうかんできて、何とも言えぬ淋しさにつつまれた。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言

2016年02月22日

栄光の70’s(76)

寒くなったり暖かくなったり、今年の冬は本当に忙しい。
昨日などは雪だるまのマークがついていたのに、傘マークになり〜曇りマークになり〜結果午前中は青空の広がる好天となり、いい加減な風もあり、家内の頭を悩ましている洗濯物も無事乾く一日となった。
三寒四温という言葉があるが、まさにそれ。いや、もっと周期が短いかも・・・・。いずれにせよ春が待ち遠しい今日この頃だ。

先日、ひょんなことでローラニーロの「魂の叫び」に出会い聴く機会があった。彼女の声を聴くのは40年以上ぶりのホント久しぶりであった。若きしころには彼女の曲に関してはまったく理解できず、頭の片隅にすらなかった。詩の内容もディランの女性版みたいな感じであり、ときおり凶器の如く叫ぶボーカルも中高生だった僕には当時無理だったのだろう。
ところが40年余りいや50年近くたった今聴くと、どっしりと入り込んでくるではないか。ゴスペル風でありジャズ風でありポップなところありでバラエティに富んでいるが、全体的には重い空気がながれるような一枚である。1曲だけカーペンターズが歌ってた曲もあったかな。
彼女のアルバムの中では3枚目にあたる「ニューヨークベンダリー」を最高傑作とする人が多いのだが、一度も聴いたことがない。というより、今回初めて本格的に彼女の作品にお目にかかったようなものである。僕が出会った「魂の叫び」はその後の4枚目として1970年に発表された一枚らしい。
なんでもローラニーロは60年代に発表した3枚のアルバムが凄いらしい。是非一度聴いてみたいものだ。
彼女の今は・・・・と調べたところ、なんと97年に50歳の若さでお亡くなりになっていた。
天才は早死にするのかな(僕も気をつけよう)?

最後に沙羅ちゃん、年間チャンピオンおめでとう!
スロベニアの大会ではちょっと変わった(?)ジャンプ台に合わせられず沈んでいたが(とはいえ、90m以上飛んでの2位と4位だから立派)、フィンランドの大会では復活!99.5mの大ジャンプを見せてくれた。
この大会ではもう一つ嬉しいことがあった。それは潜在能力は認められながら、なかなか2本そろえることができなかった岩淵が見事6位入賞を果たしたことである。これでひと皮むけてくれれば非常に楽しみな逸材である。

岩淵といえば、真奈ちゃんどうしてるかな?
最終予選のメンバーには召集されたみたいだけど・・・。
web拍手 by FC2 posted by en-book at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | torakichi縁人の戯言